社葬・団体葬 大規模な葬儀

「社葬」「団体葬」とは
s規模の大小ではありません。
その葬儀の費用を会社(団体)が
負担をして、運営の責任を負うのが
会社(団体)であれば、それが小規模の葬儀であっても、
それは「社葬(団体葬)」です。
大規模な葬儀の場合には
色々と心配なことも増えるかと思います。
費用の面も気になると思いますし、
社葬や団体葬の場合は、
会葬者の方々にも大変気を使うことになります。
費用を抑えるということにあまり重点を置いてしまうと、
会社(団体)のイメージが下がってしまうことも
ありえます。
そのため、葬儀社との打ち合わせは時間を掛けて
綿密に行うべきです。
大事なことは故人の意思を受け継ぎ、
会社(団体)を繁栄させること。
それが故人の一番の願いではないでしょうか。

他に大規模な形では、合同葬などもあります。
合同葬とは故人が複数の会社(団体)の役員であった
場合や、会社(団体)と家族との合同葬などもあります。
社葬(団体葬)と個人葬を合同で行うという形式です。
合同葬では主催者が複数となるため、
費用の負担配分、運営の分担、
役割の分担などを事前に明確に決めておく必要があります。
それぞれの要望を取り入れながら、
細かい打ち合わせが必要となります。
大事なことは関係者全員が共通の認識を持つことです。

一番大事なことは規模の大小にかかわらず
故人を想う心 があるかどうかです。

葬儀費用、お葬式に関する事前相談・お見積りなどお気軽にお電話ください。フリーダイヤル:0120-39-1594